2010/03/15(月)池上永一「シャングリ・ラ」感想

アニメ「シャングリ・ラ」が面白かったので、小説を買って読んでみました。

asin:4043647042 asin:4043647050


感想

まず文が読みづらい印象。よく言えば濃いんだけど、悪く言えばくどい。ラノベと比べてはもちろんですが、たまに読む講談社ノベルズと比べても読みにくい。でもそれはこの作者の味でもあって、森や自然に対する強い執着やこの世界観も作者独自のもの。すごく人を選ぶ作品だなあという印象です。はまれば面白いと思うでしょう。

解説でも触れられていますが、終盤「死んだはずの人間が実は生きてました」のオンパレードで、途中で呆れて、もうそういう作風なんだという感じですが、ちょっとどうよと言えばどうよですね。*1

作品としては、アニメ無限のリヴァイアスに通じるところもあって、正しいことのために犠牲が必要なことがあるという内容です。

物語の中心である巨大建造物「アトラス」は、そこに住めない人々を犠牲にし、生贄として直接的な犠牲をささげ、トリプルAである3人のためにもまた多くの人が犠牲になっています。その状況に憤慨しながらも、最終的に主人公である國子はその犠牲の上に成っている「アトラス」の主となることを選択します。もっと多くの、今現在アトラスに住んでいる人たちを救うために、アトラスの崩壊を防ぐために。

*1 : 解説の筒井康隆氏も困惑したような(あまり褒めてない)解説で、それはそれで面白い。

アニメとの比較

アニメ版は根幹は変えないものの、ずいぶんとアレンジがされていて、アニメの方がしきいが低いと思います。分かりやすいということかな。でも、アニメではうやむやにされた部分を知りたくなれば小説を読むしかないという。小説と共通の世界観と設定、人物を使って軽い感じでオリジナル展開をしたと言えそうです。エッセンスは随分と凝縮されてますけど。

どっちが好きかといわれると難しいですね。アニメの方が気軽に楽しめるしよくできてるかなあ。小説は濃厚って感じ。オリジナルのエッセンスはやっぱり小説なのでしょうか。

その他

とにかく個性的な作家だというのはよく分かります。よくも悪くも作家性が強い。もうちょっと垢抜けるとすごい作家になるんだろうなあという印象。ものすごく熱い作品なんだけど、熱すぎて行儀のよさはない(苦笑)。でもその熱さを楽しむ作家なのでしょう。

筒井康隆氏の解説によると次回作のテンペストが面白いらしい。でも高いなあ。

OK キャンセル 確認 その他