2009/10/12(月)アニメ「イヴの時間」1~6話感想

Gayoをたまたま覗いていたら、全話無料で公開されていたので見てみました(10月末まで)。

未来、たぶん日本。

"ロボット"が実用化されて久しく、

"人間型ロボット(アンドロイド)"が実用化されて間もない時代。

ではじめるアニメーション。絵こそ2Dで書かれていますが撮影はすべて3D上にオブジェクトを配置して行われいます。新海氏がやっている方法と言えば分かりやすいかな?(あれとは少し違うんだけども)。カメラワークが非常に面白い。

見た目は人間で会話もできるのに感情を持たない「アンドロイド」が家庭に普及し、主人の命令に従って家事などを行う。そんな世界の中での「イヴの時間」という喫茶店。この喫茶店のルールはひとつ。

人間とロボットを差別しましせん。

人間もロボットも対等に扱われるこのお店の中で、誰が人間かアンドロイドかも分からない。そんな中で織りなされるアンドロイドと人間のちょっとした触れあい。

感想(ネタバレ)

感情を持ちながらそれを表現することが禁じられているアンドロイドが、イヴの時間という特殊な空間でのみ対等に接し、雑談をすることができる。人間は外の世界で無機質なアンドロイドを道具としてみているのに、一度そこに感情があると知っただけで感情移入をしてしまいます。

しかしイヴの時間という世界の外では、アンドロイドはアンドロイド(ロボット)でなければいけない。そのロボットに感情移入をしてもそれは裏切られてしまいます。生き生きとしたアンドロイドの姿を知った状態で、外の世界で描かれる無機質なアンドロイドの姿をみたときに感じる無情な感覚。

それを青春ものとして鮮やかに描き出しているので面白いです。新海氏が徹底的に無機質に描く世界系とすれば、吉浦康裕氏の本作はウェットではないもののきちんと心理的なところを捉えつつそれでいて抑えた演出をしています。それはカメラワークにも出ていて、奇をてらわないアニメ的カメラワークに3Dならではの動きを加えているのも好感が持てます。

OK キャンセル 確認 その他