2009/07/04(土)「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」TV放映感想

昨晩、序のTV放送を見ました。すっかり日テレ独占になりつつあるような。

ほとんどTV版に忠実な作りで細かいところを端折ったって感じですけど、キャラクターの背景がアレ(映画)だけじゃ分かりにくいんじゃないかなって気もしなくもないような感じでした。あの映画が初めてって人は早い展開に付いていけないんじゃないだろうか。キャラクターもうじゃうじゃ出てくるし。そういう人は(商業的に)相手にしてないのかなあ。

  • TV版とキャラクター作画監督が違うのか、それとも敢えて変えているのかシンジの印象がより好青年に(苦笑)
  • ミサト@三石琴乃がTV版よりずいぶん大人になった印象。大人ぶってるというよりも、大人としての余裕があった。

フィルムが整然とされエンタテインメントとしての完成度は高い一方で、TV版の熱がなかったのは「やっぱりな」という感じ。監督自身も言ってる通り、あのときのアレはもう作れないのでしょうねえ。序を見た感想としては、とてもよく出来てる普通以上のアニメ。

それよりも

個人的にはエヴェよりも、その後に企画しているだろうアニメ?か何かに興味があります。

知らない人も多いのですが、今回製作されているエヴェは庵野監督が立ち上げた株式会社カラーが製作しています(GAINAXは製作に関わってません)。製作ってのはようするにお金を出して権利を持っている人たちです。アニメーションではよく「○○製作委員会」といって、お金を出した人たちがそのまま作品の権利も全部持っていくという仕組みになっています。実際に「制作」した人たちは、売れようが売れまいがこれっぽっちも儲からない(例外あり)という仕組みです。配給も「クロックワークス、カラー」となっていて独立系(Wikipediaによればインディーズ映画)です。徹底的に従来お金の吸い上げていたところを排除して作られているということがわかります。*1

こういう事情を踏まえてみると、今回の新劇場版ってのはお金稼ぎです。宮崎アニメですら「製作委員会」に持っていかれるお金が(推測通りだとすれば)制作者にきちんと入るのは良いことです。版権を完全にコントロールしてるから制作者が望まないメディアミックスは起きないでしょう。しかも今回のマーケティングは非常に功名かつ高度です。誰かブレーンが居るんだろうなあ。

こうやって考えていくと、おそらく作りたくはないだろう*2エヴァ作ってお金を稼ぐ理由というのは、何か別に作りたいものがあるので資金を集めるためと考えられるわけど。それがアニメか実写かは分かりませんが、むしろそれに期待してしまうんだよなあ。

その情報が出るのは何年後か分かりませんが(笑)

*1 : もっとも、新規に立ち上げた株式会社カラーにそれだけの資本があるのかは不思議ですが。さらにカラーへの出資者がいるのでしょうか。資本金も不明だし誰か登記簿取ってこないかな。

*2 : 過去の発言からすると作りたくはなさそうだった。

OK キャンセル 確認 その他